介護体験記 > 介護 事件と事故

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護 事件と事故

介護事件 福岡八幡には母を暴行殺害

また、悲惨なニュースが飛び込んできました。

2009・7・23
無職の34歳男性が、
70歳の母親の顔や頭、お腹を殴る蹴るなどして死なせてしまったそうです。

朝の出来事だったそうで警察の調べに対し、
「介護で手をわずらわせたのでカッとなって暴行した」と供述したそうです。

70歳の母親は、病院に運ばれたが、外傷性ショックのため死亡。
介護が必要だった母親は、34歳の息子と二人暮らし。
この状況で起こった出来事でした。
------------------------------------------------------------
介護状態を一人で見るのは相当大変です。
勝手な推測ですが、働き盛りの年の息子さんが無職だったのも
母親の介護が原因ではないのでしょうか・・・

正直、老人施設などに預けるなどしないと、働けません。
やり場のないストレスと、抱え込んでしまった結果の出来事だったと思う。

この出来事で、息子を容疑者扱いするのには、かなり疑問が残る。
もちろん、人を殺すことはよくない。
しかし、この場合は・・・

もっともっと増え続けるでろう介護者
解決策はないのだろうか・・・
スポンサーサイト

介護 事件と事故

介護問題は一生の社会問題として存在する

『団魂の世代(昭和22年~24年生まれ)が高齢者となる25年後の日本は、いまだ世界にも前例のないという高齢化率25%の超高齢化社会を迎えることになる。 こうして一層の少子化が進行すると、少子化問題は人材の問題となって企業の運営に困難な条件を派生させ、また税収入の減少により全国都道府県の存立を危うくし、国の財政問題としても大きな社会問題になるだろう。』

こう、ぜんようさい早川 一男理事長は指摘しています。
確かにこれから先は高齢化社会がますます本格化し、それに加え少子化問題も他人事とは言えない時代になってきた。
僕の目から見て見えてくるのは『精神的負担』という目には見えない負担。
『介護をする側』『介護を受ける側』これはどちらとも精神的負担がかかってくる。
例えば『下の世話』を始めとして、痴呆症の場合は付っきりでいないと何をするか分からないといったことだ。
勝手に家を出て行ったり、トイレがどこか分からなかったりなど。


こうなってくると、どんな問題が浮上するのだろう。
・つきっきりということは、自分の時間がなくなる。
・自分の時間がなくなるということは働く時間ができなくなる。
・働く時間がなくなるということは、生活費を稼ぐことができなくなり、遊びに行くお金どころか毎日の生活に不安を持って生活していかなければならない。

こんな生活を誰がしたいというのだろうか?

やはり、仕事をし、遊び、自分の時間というものを確立していきたと思うのが普通ではないだろうか。
しかし、それができない時代が今まさに目の前までせまって来ている。
今、実際に経験している方々たちもたくさんいる。

こうした社会問題をぜんようさいの早川 一男理事長はいち早く気づきそして改善する為に、絶対的総合扶助を理念に物事に励んできた。

『介護』とは、身体上の病気のものだけを面倒をみるということではなくて、すべての生活上においても面倒をみるという解釈をしていかなければいけない時代だ。

介護 事件と事故

コムスンの問題

色々と今言われてますね。

色々と記事を読んでると、その中でもっとも印象に残った言葉がある。

『最大手だから安心して頼んでいた。
不正をしていたなんて・・・』

有名な会社が、不正をしていたなんて・・・・

不正していたなんて・・・・・
今の時代、有名な会社だから、安心できることなんて考え方は安易すぎる。


今回のコムスンの問題は、
介護の実態を赤裸々にでき、
みんなに伝えることができるいい機会だと僕は思った。

コムスンの訪問介護を利用して、
「ヘルパーさんが毎朝4時、おしめ交換に来てくれていた。」
「コムスンのように24時間対応してくれる事業所はなかなかない。」
「在宅介護は家族の負担が大きく、ありがたかったのに。」

介護って本当に社会問題なんです。
老若男女
みんなで考えていかないといけない問題なんです。


このコムスンがこのような状態になってしまったのは、
利益ばかりを追求する企業風土が強かったため。

介護事業に利益を追求してしまうと、
絶対におかしくなる。
営利会社はどうしても、
会社の利益を追求する仕組みにできてるので、しかたないことではある。

介護問題は、非営利事業で、福祉事業、利益を追求しないことが大切。
そんな会社は現在、僕が勧める「全国養護福祉会」以外に見当たらない。

一度どんな会社なのか話し聞いてみませんか?
聞いて損はありません。

カテゴリー

FC2カウンター

最近の記事

月別アーカイブ

検索フォーム

プロフィール

隆史

Author:隆史
超高齢化社会を迎えようとしている日本。介護の実態はどういったものなのか、、、体験を踏まえて、勉強したこと感じたことをアップしていきます。

RSSフィード

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。