介護体験記 > わが家の日記

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが家の日記

自己紹介 管理人の隆史です。

管理人、隆史と申します。

このブログでは、僕がおばあちゃんの介護を通して知ったこと
体験したことなどを書き込んでいきます。

ますます、介護については社会においてクローズアップしました。

以前は、テレビで取り上げられることもなかった事柄が

どんどん、出てきてます。

今では国会でもしっかりとした議論がなされており、
良い方にいくこと心から望んでいます。

更新は不定期ですが、読んで頂いた方の気づきの節目になれば良いなと思います。


また、皆様の何かのアドバイスになれば幸いです。

スポンサーサイト

わが家の日記

僕の想い

もっともっと、介護のことを考える仲間が集まっていったらいいなと願う。

僕は非力で、なかなか何も出来ないけど、声を大にして介護問題を、みんなの心に訴えていくことは出来る。

今、現場でがんばっている人たちがいる。
本当に大変な仕事だ。
大変な仕事にもかかわらず、賃金が安かったりするのが現実。
それは、無理もないと思う。
利用者の自己負担が高くて、支払いをするのも大変だからだ。
今後、さらに負担は増し、収支のバランスが完全に崩れてくるだろう。

このまま行けば、今介護の仕事をしている方たち、特に若い人たちは介護関連の仕事をすることを辞めていくだろう。
自分の生活が出来ないからだ。
それどころか、施設の運営が困難になり、潰れることにもなりかねない。


それでいいのだろうか?
本当にそんな世の中になっていいのだろうか?
本当にそれが現実になった時、日本はパニック状態になるだろう。
それじゃいけない。
一生懸命、がんばってくれている現場の人たちがいる。
少しでも現場で働いている人の、給料がしっかりもらえるように。

利用者が心配しなくても、介護サービスを受けれるように、また、介護の仕事をしている人たちもしっかりと給料をもらえるように

それを実現するために動くのが、今の僕の使命かな。
少しでも悲惨なことにならないように。
みんなが幸せに暮らせるように・・・。

わが家の日記

介護になるまでの経緯 №2

病院で色々と検査が始まった。

診断結果は、狭心症と軽い脳梗塞を起こしていると診断された。
その検査の間を含め2週間入院し、退院して家に帰ったとき、物事を忘れている。

そのとき凄く『なんで覚えてないんだろう…』と、いらだっていた。
とにかく、覚えていないのだ。
薬を置いていた場所、財布をどこに置いたか、とにかくちょっとしたことを覚えていない。

自分自身に腹を立てていた。
『なさけない、なさけない』といっていたのを覚えてる。

それから5年後・・・

心臓バイパス手術を行う。

この手術は心臓への血液の流れをよくするための手術だ。
手術は8時間にも及んだ。
それから三日間、集中治療室に入り一ヶ月ほど入院した。

無事に手術は成功したが、もっと物忘れがひどくなり、介護段階の一番軽度『要支援』と認定された。

それら今に及ぶ・・・。

カテゴリー

FC2カウンター

最近の記事

月別アーカイブ

検索フォーム

プロフィール

隆史

Author:隆史
超高齢化社会を迎えようとしている日本。介護の実態はどういったものなのか、、、体験を踏まえて、勉強したこと感じたことをアップしていきます。

RSSフィード

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。