スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険の実態

保険会社の扱う「介護特約」

色々と調べていたらこんなことが書いてありました。


介護特約は国の公的介護保険制度に合わせて出来た保険です。
国の介護保険制度は少し遅いという問題があります。
人から聞いた話なので本当かどうかわかりませんが申請は、
「まず地元の市町村や役場に申請して、それから半年くらいかかる」らしいんです。
半年かかって許可が下りたとしても、それがまた国へと回されるんです。
国でまた半年くらいかかるんです。
ですから申請からだいたい1年位しないと介護保障の対象にならないと言うことになります。
1年後では大変ですよね。
ところが、今
民間で売っている介護保障は、
介護の状態が発生したと医者が認めてから180日経過して介護保険金が出ます。
つまり半年ですね。国の半分の時間です。
 
しかも毎月いくら出るという年金制ではなく、
500万円とか1,000万円とかその介護保障特約に加入しているとそれが認められた時点で、
保険金がポンって出ることになります。
介護保証特約は結構いい特約だと思いますよ。


 


 


抜粋させてもらいました。
勝手にしてすみません、ありがとうございます。






「まず地元の市町村や役場に申請して、それから半年くらいかかる」らしいんです。
半年かかって許可が下りたとしても、それがまた国へと回されるんです。
国でまた半年くらいかかるんです。

現在は、市町村や施設にお願いしてから、約1ヶ月で認可がおります。
国へと回されて半年くらいかかることはありません。


-------------------------------------------------------------------
ところが、今民間で売っている介護保障は、
介護の状態が発生したと医者が認めてから180日経過して介護保険金が出ます。
つまり半年ですね。国の半分の時間です。




ちょっとまってください。
180日経過して・・・・確かにパンフレットにうたってあります。
でも、介護認定受ければすぐに出ないのはなぜでしょう?
介護になってしまい、自宅介護は6ヶ月が限界だと、
介護の専門家は言ってます。




また、有名なある医事評論家は、
「寝たきり老人の介護は素人でできることではない」
と断言しています。


もし、介護になって、重度の寝たきりになってしまっても、
介護特約として商品を売っている介護保険は「6ヶ月様子を見ます」といってるんです。


介護認定者になってしまった場合、すぐに介護費用はかかってきます。
その間の費用は自己負担ということになります。
正直なところ、6ヶ月も待っていられません。


僕は介護認定を受けたらすぐに保障がでるやつに加入させてもらいました。
それが本当の助け合いってやつではないでしょうか?
必ず、「寝たきり6ヶ月以上、認知症3ヶ月以上」と
うたってあるので、気をつけてみることをお勧めします。

あなたなら、
すぐに適用してくれるところと、最長6ヶ月またないと保障がでないところ。
単純に見て、どちらがいいでしょうか??


スポンサーサイト

カテゴリー

FC2カウンター

最近の記事

月別アーカイブ

検索フォーム

プロフィール

隆史

Author:隆史
超高齢化社会を迎えようとしている日本。介護の実態はどういったものなのか、、、体験を踏まえて、勉強したこと感じたことをアップしていきます。

RSSフィード

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。