介護体験記 > スポンサー広告 > 老人ホーム370が無届け?!

介護体験記 > 介護の問題と実態 > 老人ホーム370が無届け?!

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護の問題と実態

老人ホーム370が無届け?!

総務省の調査により、15都府県が、
老人福祉法で義務付けられている都道府県への
設置届けをしないで営業していたことが9月4日に判明。

有料老人ホームは2006年の同法改正で、
入居者数の要件、10人以上が廃止されてから、
2007年度には全国で2846施設。

1998年度の10倍近くに増加している。
行政の監視が届きにくくなっているのが明らかになったそうだ。

この事態に総務省は、
「入居者が職員から虐待を受けるなどの不利益を被る恐れがある」として、
老人ホーム施設状況の的確な把握や指導を各都道府県に求めるよう、
5日に厚生労働省に勧告するそうだ。

届出をしなかった理由は、
「サービス内容などから有料老人ホームではない可能性がある」
などの理由で、届出を指導していなかったそうだ。

(情報元:西日本新聞)


有料老人ホームの無届けということだが、
届けをするにしても、
シロウトでは分からない複雑な届けをしないといけないのだろう。
しかし、本来、無届の施設には「30万円以下の罰金が科せられる」
との法律があるみたいだ。

というのも、届出がなく、都道府県が認知していない施設には
立ち入り検査が出来ず、施設内での虐待や入居時の重要事項の説明不足や
不適切な募集広告などが横行しかねない可能性があるのだ。

今後、利用しようと考えている人は、ちゃんと届出を出している施設なのか?
確認を取ることは施設選びの重要項目として必要かもしれない。
安心して、老人ホーム施設を利用できるように、
消費者としても気をつけるべきであろう。

老人ホーム検索はこちらから
スポンサーサイト

<<有料老人ホームの入居金の返金について介護体験記高齢化する被爆者への精神的ケア>>

<<有料老人ホームの入居金の返金について介護体験記高齢化する被爆者への精神的ケア>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

FC2カウンター

最近の記事

月別アーカイブ

検索フォーム

プロフィール

隆史

Author:隆史
超高齢化社会を迎えようとしている日本。介護の実態はどういったものなのか、、、体験を踏まえて、勉強したこと感じたことをアップしていきます。

RSSフィード

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。